m-earth

名古屋市矢場町/大須の美容室・美容院 m-earth
髪の「健康」と「美」にとことんこだわった
髪質改善メニューなどが人気の美容院です。

お客様の声

オーナーブログ
最近の自分の在り方に連動して、「必要なときに必要な出会いがある」っていうのをずっと強く
 
思っているわけですが、今回うちのお店のスタッフの子に九州まで講習を受けに行ってもらいました。
 
自分自身強く感銘を受けたからそこに行かせようと思ったわけですが、このことについて…。
 
 
たぶん少し前の、おそらく1年半前の自分だったら「他力本願」じゃねーかみたいに思ったんじゃないかと思います。
 
「自分のスタッフなら自分で育てれば良いんじゃないの」って感じ。
 
でもお店の職人的オーナーから、本当の意味での経営者的オーナーに変わっていくというセミナー等を経ての、
 
プロセスの中で、【自分の使える時間は有限である】ってことを強く思うに至った訳です。
 
 
 
餅は餅屋という言葉があるように、
 
餅は餅屋
【読み】もちはもちや
【意味】餅は餅屋とは、何事においても、それぞれの専門家にまかせるのが一番良いということのたとえ。
    また、上手とは言え素人では専門家にかなわないということのたとえ。
 
 
すべて自分でやれるわけが無い、だったらその道おいて卓越した方に任せるのが一番早い。
 
すべて自分自身で出来なければ成功できないなら、
 
ほんの限られた人にのみ、その道は開かれてるって事になります。 
 
 
でもそうじゃないって事が今では少しわかったというか、実際自分ですべて抱えるのは、
 
はじめから無理(汗)、というか美容師は職人であり接客業であり、さらにオーナーであるには
 
やることがありすぎて時間が足りないのは当たり前なんですよね。いかに経営者として、職人から
 
転身できるか、職人であり続けるなら経営を誰かに任せなければならない。
 
でもね、自分に関わったすべての人間を幸せにするなら、
 
経営をして舵取りをして利益を出していかなければならないんですよね。 
 
サッカーで言うならボランチですね。
 
コントロールできるべきが経営者なんでしょうね。
 
 
 
出来ることはなるべくアウトソーシングして、やらなければいけない業務から開放されれば、
 
出来た時間を使って、どうお店を舵取りしていくかの設計をする時間に使える。
 
 
すべてを自分でやりきろうとして、結局時間はかかるし、精度も低い、それじゃ駄目なんですよね。
 
外注であってもそれがベストなら、それをうまく使ってお店を軌道に乗せていく。
 
 
これが、本当に経営してるって事なんだなって。最近強く思うわけです。
 
 
 
1年半前に良く思っていた【他力本願】という言葉。
 
 
うちのスタッフの子を今回の講習に行かせる事も以前なら、他力本願だと思っていた自分。
 
 
他力本願という言葉の本当の意味を理解していなかったんです。
 
 
「他力本願」と言われたら、どんな解釈をするでしょうか? 
 
 
多くの方はおそらく、「人の力を借りてなるようになるだろう・誰かが何とかしてくれるだろう」的な、
 
そんな意味にとるのではないでしょうか「他力本願」という言葉について、今では「人まかせにする」 
 
という意味があまりにも広く定着してしまっており、辞書にも「他人まかせにするということ」
 
という意味が載っていますが、本来はまったく違った意味を持っているそうです。
 
 
ネットで調べてみたところ、
 
 
たりき‐ほんがん〔‐ホングワン〕【他力本願】
 
1 《他力(阿弥陀仏)の本願の意》仏語。自らの修行の功徳によって悟りを得るのでなく、
 
  阿弥陀仏の本願によって救済されること。浄土教の言葉。
 
2 《誤用が定着したものか》俗に、自分の努力でするのではなく、他人がしてくれることに
 
  期待をかけること。人まかせ。
 
 
 
このように、実は「他力」というのは「他人の力」ではなく「仏の力」らしい。
 
「他力本願」というのは、思いどおりにならない人生に対してじたばたせず、
 
「自分が、自分が」という自己中心的な考えを捨てて、自分の仏のはたらきにまかせて
 
生きることを意味する。
 
 
ハッとしました。
 
 
思い通りにならない人生、じたばたせず、自分に訪れたご縁に感謝し、
 
その関わりの中から、おのずと自分に必要な教えが向こうから来てくれてる。
 
信じて進んだ道に、おのずと仏様の力が働いて導いてもらってるんだなあって。
 
 
すべての出来事に感謝し、今自分に出来ることを粛々とこなす。
 
そうすれば救済される。
 
 
そうなんですよね。
 
 
真理ですよね。深い。
 
 
 
人生半分、自分はまだまだだなあと思うわけです。

成長するということについて…。

 

誰しもが日々成長していきたいと思っていますよね。

体重とかじゃなくって(笑)

人間的成長とか、お店を繁盛させて大きくしていきたいなんていうお店としての成長。

などなど。 人として生きてるからには自分という存在を常に成長させて

進化させていきたい。

 

そのために日々いろんな事考えて考えて努力して、って事繰り返すんですよね。

 

でもフッと気づくと、「あ、俺今たいして成長してない、進んでないよ」って思って

あせるときってありません? 俺はあります。

 

常に進化して成長し続けなければならない…。っていう強迫観念にかられるという。

 

今の現状、置かれてる立場、等々理由づけして変化しなければ成長は無いって事から目をそらす事もしばしば。

できない理由作っちゃったり。まあでもそんな言い訳してても良い事なんてひとつも無いわけで…。

結局、自分自身動くしかないわけですが、問題はそのスピードなんですよね。

 

人それぞれ、そこが違う。すっごいスピードの人もいれば、すっごくゆっくりの人もいる。

 

で、自分的にはどうかというと、どっちかいえばせっかちなので、スピードつけて行きたいタイプ。

セミナー等に行って、成長してない実感して焦る、みたいな。  そんな気持ちになることが多い。

 

でもこれって、どうなんだろ。焦りすぎたって人間そうそう、急激に劇的に変われる人なんて

いないいんじゃないかって思うんです。 

 

身の丈の努力

 

自分が今できる努力、今できる範囲でゆっくりでもいい

焦らず着々と一歩ずつ成長すればいいのかなーなんて思うわけです。

それはスタッフに対してもそう思うわけで、もっとすっげースピードで成長してほしい。

もっと死ぬ気になって練習すればできるのに、なんでもっと必死にならぬのか!!

 

ってな感じに思えるわけです(笑) 

 

でもですよ、自分のことすらままならないのに、人のことなんて本当にどうにかできるわけ無いし。

 

変わらそうと思ったって、そんなのは自分自身のエゴでしかない。

 

自分自身が本当に必要と思って変わるという選択をした時しか変われない。

変わらなきゃって思えたときが、そのタイミングなんですよね。

 

焦っても仕方ない。

 

後厄の今年、そんなことをふと思います。

淡々と着々とぶれずに一歩一歩進む。

 

それが大事。

こんにちは片桐です。
 
2014年もあっという間に過ぎていきますね。このあっという間の時代の変化に対応していくために
 
m-earthでは今m-earthの変化を共に考えていけるアシスタント・ジュニアスタイリストを募集しています。
 
 
美容師雇われ時代修行時代にずっと感じていた、「漠然とした不安」
 
その原因は、「美容師の幸せになれる未来の道筋はっきりと描けなかった」という事だと考えております。
 
独立するべきか、組織に残るべきか...
 
明確な答えが見えず、判断できる労働環境がそこにはありませんでした。
 
 
そこを見て見ぬ振りをせず、しっかりと「改善していく」というチャレンジをしていきたい。
 
 
旧態依然とした美容業界の労働環境を改善していかなければ、これからの美容師さんたちを輝ける未来に導くことは
 
出来ないとm-earthは考えています。
 
 
「ワークライフバランス」 
 
仕事を頑張るためには自分のプライベートも充実していなければ達成出来るものも達成できません。
 
「顧客満足」=「スタッフ満足」です。
 
 
スタッフが生き生きしてなくて、お店の繁盛はありえません。
 
この両軸を充実させるためにm-earthでは労働環境の改善を本気考えています。
 
今回はそのための基盤つくりの軸になっていただける方を募集しています。
 
m-earthはまだまだこれからの小さなサロンです。
 
だからこそ自分たちの力で変えていける、よい方向に向いていくための柔軟な姿勢があると自負しています。
 
 
雇用関係は、すべてが縁だと考えています。この文章を読んで少しでも気になった方。縁があります。
 
m-earthと共に、より幸せな未来を描ける道筋を作りませんか?
 
m-earthホームページのメインページの左のバナーの一番下に求人募集のバナーがあります。
 
そこをクリック。
 
 
長期で本当の自分の未来を共に描ける仲間を募集しています。
 
(株)m-earth 代表取締役 片桐健治
2013年の営業が本日で終了いたしました。
 
本当にいろんな変化のあった2013年でした。
 
2012年の秋に一番厳しい状況を迎え、その現実に向き合って
 
どうすればいいか考えに考え、結局は前に進むしか無いってなって、
 
そこから自分が欲して必死になってるときには、神様が必要な人と
 
必要な出会いをくれて。。。
 
これだって信じれるものとの出会い、そしてスタッフと向かい合って。
 
とことん今自分に出来ることは何か、出来ることからやって行こうって。
 
必死に。気がついたら新しい取り組みもみんなに浸透してきて
 
お店にみるみる現れて。
 
2012年の年末にとことん落ちきって底が見えたときに比べたら
 
今年の年末は天と地の差です。
 
でも、今の状態からさらに伸ばしていけてこそ、本当の強さだと思うから
 
2014年ももっともっと走っていこうと思います。
 
自分にとって本当に多くのすばらしい出会いがありました。
 
その出会いに感謝し、さらに返すためには結果を出し続けるしかない。
 
正真正銘、いろんな出会いですべてがいい方向に行ったねって
 
わかる位の結果を目標に走ります。
 
自分に足りない部分はわかってるから、
 
2014年はとことんチャレンジしてリスクをとって行きたいと思います。
 
リスクとってなかったら言ってください(笑) 
 
すべてに感謝!!   (株)m-earth 片桐健治
最近の経営セミナーで勉強してきて、これからのうちのサロンの方向性をまとめた文を覚書として文章にまとめてみました。
 
★美容師目線と経営者目線
 
美容師というプレイヤーと美容室を運営する経営者は別の仕事という事。
当たり前だけど美容業界はそれが当たり前じゃなくプレイヤーが普通に
そのまま経営をプレイヤー目線でしてしまうという怖さ。
 
サロンの上に立つとおのずと経営的な視点が必要にはなる。
経営者ではなくても店長レベルで自分自身がプレイヤーとして売上を
上げ続ける事がしんどくなってきた時に経営者としてのスキル
(下の子を育てて売上をあげさせれる育成等々)が有ればそこで会社に貢献できるし、
独立するにしてもそれがないと、経営者目線が無くプレイヤーとして独立すると
必ず見えない壁にぶち当たりしんどい思いはする。
 
マンツー経営でスタッフを使わず小さなサロンを細々やってくならOK だとは思うけど…。
 
プレイヤーとして頑張りつつ、学ぶ機会があるなら経営スキルを学んだ方がいいと思う。
やはり技術を追求してある程度の技術レベルに達したとして、それを自分が長い年月
かけて培ってきた技術を若いスタッフの子が同じだけ時間かけて育つの待ってられますかってことだ。
 
現実そんなに待てないですよ。経営者的に。スタッフの子達にしてもしかり。
 
そんなに長いこと勉強しなきゃ美容師として成功できないとしたら、途中で心折れて当たり前。
早い段階で成功体験積ませて早い段階でスタイリストデビューさせてお互いに幸せになって
いく道を探らないとなんの為にやってるのかわからない。
 
誰でも美容師目線で言えば卓越したプレイヤーになりたいと思う。
 
技術を追求している人間なら皆しかり。
 
でもそんなに卓越したプレイヤーじゃなくても有る程度の売り上げは上げれる。
100万プレイヤーならそんな卓越した技術がなくても、誤解を恐れず言うなら
仕組みを使えばすぐだと思う。経営者的には100万プレイヤーが何人かいた方が
リスクは少なくて、200万とか300万あげれるようなカリスマはいずれ独立だ。
 
独立していなくなるから会社は衰退する。これの繰り返しだとちっとも会社は成長していかない。
いくらカリスマでもずっと続けられるわけじゃない、いつか疲労困憊して売上を上げれなくなる時が来る。
 
そうなった時にどこで自分の価値を見いだすか。若い子に技術を譲ってマネージメントに回る。
 
行き着くとこはやっぱりそこになるんじゃないかと。そういった意味では早い段階で若いスタイリストに
道を譲ることが出来て若い子が早く稼げるようにしてあげるってことが急務。
でも自分の中で譲れない技術感がありすぎるとそれがどんどん出来ない方向に行ってしまう。
技術をすればするほどそのスパイラルに陥って経営的に考えられなくなるんですよね。
 
そうは言ってもやっぱり美容師は技術が好きで…。自分も本質はそうです。追求したい。
 
でも最近シフトしているのは、お客様に対して技術的になるべく失敗せず
良い物が短時間で提供できるツール。そこが判断基準。
卓越していなくても不器用でもある程度修練すればお客様に納得していただける
クオリティーを出せる技術。
 
それをクリアしているものをうまくツールとして使い早い段階で若いスタイリストに
成功体験を味わってもらうってことが大事かな。
 
 
卓越した技術はどこまで行っても自己満足で、好きならどんどん追求すれば良いとおもう。
 
でもそれをこれからの若いスタッフに求めようとしてもそれは無理で、
(中にはデキる子もいますよ。でも数は少ない)若いスタッフが私にはそこまでの卓越した技術は
無理だって思ってしまったらその若いスタイリストは離脱してしまう。
 
すべてのスタッフが同じように頑張れるかって言ったら頑張れないんだと思うんです。
 
卓越したプレイヤーじゃなくても売り上げがあげれるんだよ。ってのを実例として見せれて、
それでこれからの未来が安心だって思えるような環境を作ることが、いろんなレベルの
これからのスタイリストを育てる意味で早いんじゃないでしょうか。
 
今の美容室環境の在り方が今まで代々グレーな状態で引き継がれてきてそれが当たり前になってる。
 
そこを改善しここにいたら幸せになれる。
 
この会社でずっと働きたいって思ってもらえるような環境を作ることが目標。
3  4  5  6  7
店舗案内
m-earth LINO TEL.052-253-5564

00月 m-earthのおやすみ

  • 10月
    logo

    店休日は 1(月) 2(火)

     8(月) 15(月) 22(月) 29(月) です。

     

    5日(金)片桐

    7日(日)坂崎

    9日(火)片桐 坂崎 

    11日(木)河合

    14日(金)河合

    16日(火)片桐 

    17日(水)坂崎

    18日(木)河合

    23日(火)片桐

    31日(水)河合 坂崎 

     

    以上になります。

    よろしくお願いします。

  • 11月
    logo

    店休日は 5(月)  12(月) 19(月) 26(月) です。

     

    2~9日片桐不在

     

    1日(木)河合 坂崎

    13日(火)坂崎

    15日(木)河合

    20日(火)片桐 

    21日(水)河合

    23日(金)坂崎

    28日(水)坂崎

    29日(木)河合 

     

    以上になります。

    よろしくお願いします。

     

m-earth人気メニュー
髪質改善修復エステ
髪質改善デジタルパーマ
髪質改善ストカールエステ
髪質改善カラーエステ(香草)
髪質改善エアウェーブエステ
髪質改善修復エステ 施術の流れ
m-earthインスタグラム
  • m-earthブログ
  • 24時間メール予約
  • 求人情報
ページトップへ